ギャンブルで貯金がなくなった…

ギャンブルで貯金がなくなった…

ギャンブルで貯金がなくなった

ギャンブルにはまって貯金がなくなってしまった
ギャンブルが中毒性が高いのでどうしても熱くなって、お金をかなり失ってしまうことになりかねません。

 

ギャンブルで身を崩すのは意志が弱いから
自分がコントロールできないのは我慢が足りないから

 

と言われたりもしますが、ギャンブルで生活費まですってしまい、お金がなくなってしまっては困りますよね。

 

今回は、ギャングルにハマり、生活費まで使い果たし、貯金を切り崩して、貯金がなくなってしまった方の体験談をご紹介します。

 

25歳女性
正社員
キャッシングで利用した業者:アコム、レイク、モビット、銀行のカードローン

 

ギャンブルにハマりキャッシングで借りまくる日々

 

借りた当時はギャンブルにハマっていて、借りられる所からはすべて借りていました。給料をもらったらすぐにギャンブル。貯金もなくなり、生活費にも困ることに。
キャッシングして借りたお金を返せば金利を差し引いた金額がまたすぐ引き出せるので、すぐ下ろして借りていました。
お金があれば金利の高い所から返して行き、なくなったら出せる所からすべて引き出してはの繰り返しでまさに自転車操業状態でした。
その時は見境なくお金を使っていたので何とかなると思って何も気にせずに借りまくっていました。
全てギャンブルで使ったのではなくて生活費にも充てていました。

 

キャッシングの契約は簡単にできた

 

アコムやレイクの申込はむじんくんの所に行って免許証があればすぐ申し込みできるのでそこで契約しました。
大体1時間ぐらいで完了するのでそこで終わりです。契約に関する書類などはむじんくんに置いてあるのでそれを持って帰るだけです。後は自宅に書類が届くものもあります。モビットや銀行のカードローンなどはネットから申し込みできるのでそれで申し込みしてました。
確認の電話がかかってくるので電話で対応と免許証などは写メをメールに添付して送るだけなので簡単ですがやはりカードなどは郵送で送られてくるのでちょっと時間がかかります。

 

消費者金融の良かった点は銀行のカードローンとは違うのでブラックだとしても少しは大目に見てくれるので審査が通りやすいところ。
審査が緩いところはアコムやプロミスが緩いと思います。

 

審査が厳しい消費者金融もある

 

レイクやモビットは審査が厳しい。銀行の審査よりは甘いがアコム等に比べるとちょっと厳しい。
1番は契約するとすぐにATMで借りられることとコンビニで支払いができること。
あと支払いの日も最初に設定するのでその支払い期日が迫ってくるとメールでお知らせしてくれるところ。
あと家族に内緒か内緒じゃないかで電話のことを配慮してくれる。

 

 

アコムで最初借りた時は上限5万円だったのが返済も滞ることなく払って行くと上限増やすことができると言われて年収の金額を多く言わなくても上限を増やしてくれる。ただ借りた額が増えると返済額も上がるので返済に困ってしまう。
計画的に利用しましょうと言われるけど本当に必要な時にだけ借りるようにしないと後々大変なことになる。
最初の契約する時に個人名で職場に確認の電話が入る。
本当にその会社に在籍しているかの確認の為。

 

消費者金融で返済に遅れがあると電話がかかってくる

 

返済は期日を守れないこともあったのでそうなった時は何回も携帯に電話がかかってくる。もしかかってきて出ないと職場にも容赦なくかかってくる。返してないのが悪いし向こうもそれが仕事なので仕方ないがもし期日が過ぎても取り立ての電話は必ず出るようにして返済の相談をすると少しでもいいので払ってくれればいいと行ってくれたりもするのでもし払えないのなら必ず相談することをおすすめします。

 

借りないのが1番だけど、どうしてもの場合は借りれる上限ではなくて本当に必要な金額だけ借りる方がいい。
返済に困るのは自分だから。

トップへ戻る